NO Perfume, NO LIFE

Perfume中心に生活が廻ってる、のっち推し26歳そうでない人のブログ(・ω・)ノ

09/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

2014年 振り返り

今年もあと残り僅かということで、この一年を振り返ってみようと思います。

2014年はとても濃く、激動の年でした。
去年以上にモーニング娘。に捧げた一年だったな、と。
娘。現場だけで60以上は行きましたね。
その中には本当にたくさんの思い出があります。

特に印象に残っている出来事を順を追って振り返ってみたいと思います。




2月2日、あべのキューズモールで行なわれた「笑顔の君は太陽さ/君の代わりは居やしない/What is LOVE?」のリリースイベント。
これは朝早くから妹と並んだ甲斐あって、女限の端の方ではありますが最前で観ることが出来ました。
普通のイベントと違って、地面にシートを敷いてその上に座ってステージを観るという中々貴重な体験をしました(笑)
しかも最前なので踊るメンバーの脚がすぐ間近にあるというすごい状況(笑)
ステップを踏む時や移動の度に鞘師ちゃんの太もものプルプルした動きがやばかったです←



2月23日、Zepp Nagoyaで行なわれたプレモニ。…これはFCイベントなのですが、3部ともめちゃくちゃ楽しかった記憶があります。
鞘師が同期や後輩達に散々disられた後に、さゆが
道重「最終的にさゆみがりほりほのこと貰ってあげる♡」
とファンの前で公開プロポーズしたのがこのイベントのハイライト。



3月23日、ベルサール汐留で行なわれた3ショットチェキ会。
実はこの前日に家族旅行で下呂温泉にいたので、始発で下呂から汐留まで移動してもイベントにギリギリ間に合うかどうか…という一か八かの賭けだったのですが、どうしてもさゆと鞘師ちゃんと3ショットチェキが撮りたかったので無茶しました(笑)
結果本当に受付終了時間ギリギリでしたが、大好きな2人とチェキが撮れて良かったです。
緊張し過ぎて鞘師ちゃんの方全然見れなくて、さゆにばっか話しかけてしまった…というのも今となっては良い思い出です(笑)



4月5日、娘。の春ツアー広島公演…鞘師の凱旋ですね。
最後の挨拶でメンバーが鞘師のことに触れていくのを聞いていた鞘師が
鞘師「メンバーが私のことをそうやって見てくれてたというのがわかって…うれしくてっ…」
と子どもみたいに泣いているのを見て、「ああ…私はこの子が本当に大好きだ」と再認識した日。



4月29日、娘。の春ツアー山口公演…忘れもしない、さゆが卒業発表した日。
この日は昼も夜も結構良席で、夜なんて最前だったんですよ。
さゆの凱旋公演ということもあって何日も前からウキウキしてて…なのに昼公演終盤にさゆの口から突如発表された卒業宣言。
信じられなくて、さゆがなに言ってるか全然わかんなくて、頭真っ白になって…正直受け入れられなかったです。
周りのさゆヲタも悲痛な叫び声を上げていたり、泣いていたり…発表直後の会場はすごい光景でした。

夜公演では周りみんなピンク一色の中、最前で鞘師T着て赤サイ振ってたんですね。
というのも、さゆ卒業発表の後だったのもありピンク振ろうか悩んだんですけど、鞘師T着てるのにピンク振るのはさゆにも鞘師にも申し訳ないと勝手な罪悪感に苛まれたので…。
そしたら鞘師が気付いてくれて、さゆの大好きなうにゅ〜っていう「ω」←この口で、何度もこちらに笑顔を向けてくれて…そんな鞘師を見て、今後鞘師の前では鞘師しか絶対に見ないって、忠誠を心に誓いました。

そしてもう一つ。
さゆの卒業まで後悔しないようなるべくたくさん現場に通って、さゆがいる娘。をしっかり目に焼き付けよう…そう決めました。



5月28日、鞘師ちゃん16歳の誕生日。
BDイベントに初参加してきたのですが、好きな子の誕生日当日に本人と一緒にお祝い出来るなんて…なんて素晴らしいイベントなんだ…!と感謝。
イベントの内容としては…ゲストのオカマ芸人を除けば良いイベントでした。

なによりライブコーナーが最高だった。
1人であれだけ歌って踊って…それもただ歌って踊るだけじゃなくて、自分の魅せ方にしてもステージの魅せ方にしても全てがカッコ良くて。
披露した5曲とも良かったんだけど、特に「Moonlight night ~月夜の晩だよ~」には痺れたな。
2011年、鞘師が娘。に加入して初のツアーで愛ちゃん、ガキさんと3人で披露したVer.だったんだよね。
あれを1人で全部踊り切ったんだから、この子はほんとすごい。
私の隣の席にいた女性が鞘師のパフォーマンスを見て感動したのか号泣していたのも印象に残ってます。

最後のお見送りで、直接本人におめでとうって伝えられたのも嬉しかった。



6月14日、池袋サンシャイン劇場にてリリウム初観劇。
大阪の方も行く予定ではあったのですが、この日は私の誕生日ということで自分への誕生日プレゼントに遠征したのです。
舞台の内容はとても重苦しくて誕生日に観るような内容では無かったですが(笑)
ストーリーもですが、メンバーの演技力が凄まじくて。
特に鞘師、どぅー、めいめいの鬼気迫る演技には何度も何度も心を抉られました。
観劇後もしばらく抜け出せないほどで、2ヶ月間くらいサントラばかり聴いてましたね。



7月1日、広島FMでのラジオ公開生放送に参加。
普段だったらこの手のイベントには行かないんですが、さゆと鞘師2人きりのイベントということで「これは行かにゃいけんじゃろ!」と思い立ち、急遽有給を取って行って参りました(不良社会人
広島FMのDJに対しても鞘師に対しても観覧に来てたファンに対しても、とにかくさゆの気遣いが半端なくて、さゆの優しさに感動した日。



8月21〜25日、娘。のFCツアーでハワイへ。
初日はオプショナルツアーから始まり、フクちゃん・小田ちゃんと工場見学したり、鞘師・まーちゃんと一緒にバス移動中にゲームしたり、そのバス移動の中で鞘師に名前呼んでもらえて涙出そうなほど感激したり。

2日目は朝からメンバーと一緒にズンバフラ踊ったり、昼はトークショーと11ショット撮影。
11ショット撮影の時に、鞘師にパフュT気付いてもらえて、フクちゃんと小田ちゃんに弄ってもらえたの嬉しかったなあ。

夜にはホテルのパーティールームみたいなところを貸し切ってプレモニ。
メンバーとファンでさゆへサプライズで贈った「青空がいつまでも続くような未来であれ!」感動したな。。
こんな幸せな空間あるんだ…って、この時間がいつまでも続けばいいのにってずっと願ってた。

3日目は朝からプレモニラリー。
メンバーにサイン書いてもらったり、一緒にゲームして遊んだり。
さゆ・鞘師・まーちゃんのグループのところに行くのめっちゃ緊張したなあ。
さゆ→ヲタ→鞘師→ヲタ→まー→ヲタの順でゲーム回していくのに、鞘師が2回もヲタの順番飛ばしてさゆの後にやろうとしてたのめっちゃ面白かった(笑)
さゆに
道重「りほりほ、次ファンの人の番だよ(笑)」
って指摘されて
鞘師「あーごめんなさい…道重さんの次次って思ってたからつい…」
って謝る鞘師ちゃん超可愛かった(*´ω`*)

ライブでは各メンバーのソロが聴けたのが嬉しかった。
このハワイで好きになった曲たくさんあるなあ。
最後の握手会ではメンバー1人1人とガッツリ話せて、最高に幸せな時間だった。

ハワイでの3日間が本当に楽しくて、終わってしまうのが寂しくて、最終日の夜ホテルでさゆのブログ読みながら大号泣したこと忘れない。

11shot



9月20日、代々木第一体育館でのっちの誕生日をお祝い。
鞘師の誕生日でも書いたけど、やっぱり好きな子の誕生日当日に本人と一緒にお祝い出来るというのは嬉しい。
あ〜ちゃんとかしゆかのことはめちゃくちゃ盛り上げるのに、自分のこととなると途端に照れて素直な感情表現が出来なくなる…そんなのっちが大好き。



11月1〜3日、娘。秋ツアー福岡・山口・広島の計5公演参戦。
この3日間、移動ばっかでバタバタだったけど充実してたなあ。
山口公演で解禁したさゆ→鞘師へのほっぺチュー、昼公演では遠慮気味に触れるだけだったのが夜公演では鞘師のほっぺたに吸い付くようにチューしてたのやばかったw
その後広島と大阪2日目夜公演でもほっぺチュー見れて、さゆさやヲタとしては感無量です(*´ω`*)

ほっぺチューのことばかり書いたけど、さゆ最後の凱旋公演を観ることが出来て良かったです。

道重「モーニング娘。になったからには1番になりたかったしセンターになりたかった。歌とかダンスとかビジュアルとか…トークでもなんでもいいから、とにかく1番になりたかった…でも私にはそれは無理でした。いつの時代も常に私の上がいました。でも凱旋コンサートの時だけはさゆみが1番になれた。ファンの皆さんがさゆみのこと1番にしてくれました。ありがとうございました!」

この言葉を聞いて、さゆのファンで良かったと心から思ったよ。



11月26日、横浜アリーナで行われたさゆの卒業公演。
さゆがリーダーになってからの約2年。
さゆが先頭に立って後輩達を引っぱり、そこに必死についてきた9期10期11期…そんな娘。の集大成のライブ。
この日の横アリにはたくさんのドラマが起こりました。

モーニング娘。としての最後のコンサート、さゆは最高にキラキラしてました。
誰よりも可愛くて、輝いていて、凛としていて。
ファンに向ける眼差しや紡ぐ言葉はとても真摯で誠実で。
さゆは私の思い描くアイドルそのものでした。

山口公演から定番になりつつあった彼店でのさゆさやほっぺチュー。
ツアーファイナルでもあるこの日、ついに鞘師の口にチューしちゃいましたね(笑)
その直後のMCでさゆが

道重「道重さゆみ、やりました〜!こんな大勢の前でのりほりほへの公開キスはとっても気持ち良かったです♡さゆみとりほりほの微妙な関係を見守って下さった皆さん、ご心配をおかけしました!」

と言い出した時には会場爆笑の渦だったよね(笑)

その後メドレーの時にさゆは足を攣ってしまうわけだけど…自分の卒業公演でまさか足攣っちゃうなんて…悔しかっただろうな。
痛みと悔しさに堪えながら、それでも笑顔でパフォーマンスするさゆを見て、どこまでプロ意識が高いんだこの子は…と思わされました。
見てるこっちはさゆの足が心配で気が気じゃなかったけど、最後までやり切ったさゆには本当によく頑張ったねと言いたいです。

さゆにとっても後輩達にとっても最後まで試練だったと思う。
さゆが足を攣ってしまったのは残念だったけれど、この公演を経てみんな大きく成長出来たのは良かったなって。
後輩達みんな立派だった。
立派にさゆを送り出してたよ。
頼もしい後輩達を見て、さゆも安心して娘。を任せられたと思う。


道重さゆみさん、改めて卒業おめでとうございます。
12年間…長い間モーニング娘。で在り続けてくれてありがとう。
大事な青春のすべてをモーニング娘。に捧げてくれてありがとう。
諦めず挫けず「モーニング娘。が好き」という気持ちを貫いてここまで来てくれたおかげで、私はさゆを見つけることが出来ました。
あなたの人間性に魅了され、心底惚れ、尊敬しています。

卒業公演をこの目で見届けられて、ちゃんと見送ることが出来て、良かった。



12月21日、娘。のXmasイベント。
さゆが卒業して12期が本格的に活動を始める前の、9人での最初で最後のイベント。
さゆがいなくなって少し心配してたけど、そんなのは杞憂でしかなかった。
超楽しかったよ!
メンバー1人1人がさゆがいなくなったことをちゃんと自覚していて、その穴を埋めるように意識を持ってこのイベントに臨んでた。
それが伝わってくるイベントでした。
鞘師が変態キャラ全開でガンガンに攻めてたのが面白かったし、さゆから変態キャラを受け継いだ(?)のが鞘師で嬉しい。

あと個人的には席が通路の前でメンバーが登場してくる扉のすぐ近くだったので、至近距離でツリー鞘師ちゃんを見れたのが至福でした(*´ω`*)
握手会とか接触イベントとはまた違った感動があるなあって。



今日はハロプロのカウントダウンライブがあります。
そして年が明けたらいよいよモーニング娘。'14は'15となります。
'14での思い出が強すぎて、しばらくの間は'15へと上手く気持ちが切り替えられないかもしれないけど、12期も加わった形でのフクちゃんリーダーの新生モーニング娘。が本当に楽しみです!


2015年も娘。の年にするぞー。
それと、Perfumeにとってもアニバーサリーな1年になると思うので、大切に過ごしたいと思います。

はい、そんな振り返り記事でした。(ほとんど娘。のことばっかだけど笑)

スポンサーサイト

category: モーニング娘。

[edit]

trackback: -- | comment: 0
page top

6/29 モーニング娘。'14 個別握手会メモ


先日6/29ですが、モーニング娘。'14の個別握手会に行ってきました。
卒業する前にどうしてもさゆに感謝の気持ちを伝えたくて。
恐らく卒業前にまだ伝えるチャンスはあると思いますが、卒業が近付くにつれ心情的にだんだんなにも伝えられなくなりそうだなと思えたので、このタイミングで伝えようと決心しました。

他のメンバー(もちろん鞘師ちゃんも!)にも個別で色々質問したりしたんですが、それらはTwitterにも呟いたので一旦置いておいて、ブログにはさゆとのことだけ個人的メモとして残しておこうと思います。




*****


道重さゆみ@個別4部(3枚まとめ出し)

私「こんにちは」
道重「わーっありがとうございます」
私「あの、今日は伝えたいことがあって来ました」
道重「うん」
私「私はブレインストーミングでモーニング娘。を好きになって」
道重「(ブレインストーミング新規というのが珍しいのか少し驚いたような表情で)うん」
私「さゆちゃんがリーダーのモーニング娘。が大好きでした」

さゆに伝えたいこと、何度も頭の中でシミュレーションして。
イメージの中ではちゃんと伝えられてたのに、実際に想いを口にすると声が震えてしまって。
そんな私の様子を見て優しく微笑んで「ありがとう」と言ってくれたんです。
さゆの優しさに触れられたことが嬉しかった。

私「これからもずっと応援してます。大好きです。ハワイも行きます」
道重「おおっ!えっ嬉しい!」

ハワイにすごい反応してくれたな。
多分だけど見た目からしてハワイまで来るようなお金使う系ヲタに見えなかったのかな私…(笑)
少し時間が余っちゃったけど、考えてた言葉は伝えられたのでそのまま出口に向かおうとしたら、時間が余ってしまったことに気を遣ってくれたのか最後にがっちり手を握ってくれて
道重「ありがとう!またね~♪」
と、お花みたいなかわいらしい笑顔で見送ってくれて…幸せすぎて泣きそうでした。。


文字にしたらなんてことないやり取りに見えるかもしれませんが、表情の動きや声のトーン、そして視線…さゆが醸し出す空気感すべてに優しさが溢れていました。
4部でかなり疲れてただろうに、そんな素振りを見せずに笑顔を向けてくれてありがとう。。
言葉足らずで、1番伝えたかった肝心の「さゆちゃんのおかげで毎日楽しくて仕方ないです」っていう感謝の言葉が出てこなかったのがちょっと悔しいけど、「ありがとう」って逆に言ってもらえて本当に本当に嬉しかった。

こちらこそありがとう。
鞘師ちゃんに一目惚れしたところから始まったわけだけど、さゆのおかげでモーニング娘。全体に興味を持つことが出来たし、魅力をたくさん知ることが出来ました。
さゆがいなかったらここまでハマってなかったと思うもん。

私みたいなヲタクでも受け入れて肯定してくれている…そんな気持ちにさせてくれる彼女はやはりスーパーアイドルだなあと思うし、素敵な女性だなあと思うのです。

さゆになにがあったとしても受け止められるファンでありたいなと、そう思わされた1日でした。



さゆ・だーいしとは3ショットチェキも撮りました。



3人でうさちゃんピース(*´ω`*)
チェキの時もさゆ優しかった(泣)
2人ともめちゃくちゃかわいかった。

さゆを間近で見る度に、本当に同じ人間なのか信じられなくなるんですよ。
顔立ちがもう造形美ですよ!
こんなかわいくて綺麗な子が、憧れの存在であるあの子が、自分の目の前にいて自分に向けて笑いかけてくれてる…なんということだ…夢のようです本当に…。

接触イベントにはこれからも通い続けるとは思いますが、憧れの存在である彼女達とのこういった精神的な距離感はいつまでも忘れずに持ち続けていたいなと思っています。

3ショットチェキは前回さゆ・鞘師とも撮ったのですが、どちらも一生の思い出です。
今後もチェキを見返す度に撮った時と同じようにニヤニヤしてしまうのは否めません(*´ω`*)にやにや


category: モーニング娘。

[edit]

trackback: -- | comment: 0
page top

5/28 鞘師里保バースデーイベント2014レポまとめ

ものすごく今更になってしまうのですが、鞘師ちゃんのBDイベでのレポというか、個人的感想をTwitterに呟いたものを載っけておこうと思います。
(単にツイートの埋め込みという機能を使ってみたかっただけというw)

誤字がたくさんあるけど気にしない。
あ、名前がのりしとなってますが、これ私のアカウントです。























































category: モーニング娘。

[edit]

trackback: -- | comment: 0
page top

エヴォリューション完走

昨日行われた河口湖ステラシアターでの夜公演をもって、モーニング娘。'14の春ツアーが無事千秋楽を迎えました。
私は昨日の公演には行かなかったのだけれど、Twitterに上がってくるレポを読んでいる限り、このツアーを締め括るにふさわしい素晴らしい公演になったのだろうなと思います。


春ツアー全35公演中、私は10公演参戦しました。
約2ヶ月半という短い期間の中で瞬く間に成長していく彼女達に、たくさんの希望や元気、エネルギーを貰いましたね。
MCもほとんど挟まない、激しいを通り越して鬼かっ!!とも言えるほどの歌いっぱなし、踊りっぱなしの公演を1日2回…それが2日続くこともあったりして。
コンサート以外にも仕事がある中でメンバーは本当に大変だっただろうと思います。
この2ヶ月半あっという間ではあったけど、とても濃い時間だった。
みんな本当に本当にお疲れさま!



特に印象に残ってる出来事を振り返ってみる。


鞘師ちゃんの広島凱旋コンサートはとても感動したな。
素晴らしかった。
推しの凱旋ってこんなにも特別に感じるものなんだなって。
去年の秋ツアーの時も思ったけど、今回はそれ以上に感慨深いものがありました。

コンサート中に見せた鞘師ちゃんの涙、しっかりしてるように見える彼女が一体どれだけのものを背負ってこのステージに立っているのか。
きっと私なんかでは想像も出来ないくらいたくさんの重圧をあの小さな身体に一身に背負い込んでいて、周りからの期待に応えようと一生懸命に自分と向き合おうとしている…そんな彼女を見てると胸が熱くなる。。。
でも人一倍真面目で努力家な彼女のことを他のメンバー達は見ててくれていて、ちゃんとわかってくれていて。

道重「(9期が加入してはじめてのツアーで)愛ちゃんとガキさんに必死についていきながらパフォーマンスをするりほりほをずっと見ていて、『すごい子が入ったな』って。でもその頃よりもさらに成長していってる」

という言葉が決定打となって泣いちゃったんだよね…。
涙を流しながらも今後の決意を熱く語る鞘師ちゃん…立派だった。


5月28日に16歳になった鞘師ちゃん。
BDイベントにも行ってきたのですが、その時に改めて思ったことがある。
この子の笑顔をずっと見ていたい。
守りたいとかそんなカッコイイことは言えないけど、この子の笑顔がずっと絶えない世界であればいいなって。
最近アイドル界隈で物騒な事件があったからこそ余計にそう願わずにはいられない。
なにも出来ないけど、彼女が不安な思いを抱えながら活動するなんてことのないように。
鞘師ちゃんのこと信じてるし、ファンのことも信じてほしいし、お互いが楽しく笑顔になれるように。
良いファンでありたいなって、そう思いました。



あと今回の春ツアー最大の出来事、さゆの地元である山口公演での卒業発表。
鞘師ちゃんの凱旋があまりにも楽しくて感動的だったから、さゆの凱旋も楽しみにしてて。

昼公演アンコールMCでさゆの口から
「秋ツアー最終日をもって卒業します」
と発表された時には最初なにを言ってるのか理解出来なくて
「さゆ?今日はエイプリルフールじゃないよ…?」
なんて漫画みたいな言葉しか浮かばなくて、頭がぼーっとして…とにかく信じられなかった。

いろんな要素をとっても卒業が近いことはわかってた。
でも受け入れたくなかった。

さゆはモーニング娘。として11年も活動してきて。
でも私がさゆを好きになってからはまだ1年2ヶ月とかで。
好きになったのはかなり遅かったし、今更道重もいいところだけど…まだまだこれからさゆがリーダーのモーニング娘。を見ていたいと思っていたから…。


卒業発表した時
道重「リーダーになってから毎日緊張とプレッシャーで吐きそうでした」
と吐露するさゆを見て涙が止まらなかった。

さゆが日に日に痩せていくのは心配してたよ…。
ブログでは頻繁に食べ物の画像載せたりしているししっかり食べているように見えるのに、どんどん痩せていくんだもん…ちょっと不安だった。
でも普段は私達にキラッキラな姿を見せてくれる。
苦悩や葛藤を隠してモーニング娘。を引っ張ってきてくれてありがとう。
そして地元・山口公演でその苦悩を語ってくれてありがとう。
そんなあなたが引っ張るモーニング娘。を見て、私は好きになったんだよ。
モーニング娘。ってこんなにカッコイイグループなんだって教えてくれたのもさゆなんだよ。
感謝してもしきれないや…。


道重「大好きなモーニング娘。のリーダーになれた。お世話になったモーニング娘。に恩返しがしたい」
道重「ここからが本当の恩返しだと思っています」


力強くそう宣言したさゆの言葉、信じてるよ。


卒業まであと約半年。
これまでも十分にグループに貢献してきたさゆだけど、さゆが言う「本当の恩返し」を見れるのがとても楽しみ。
卒業は寂しいし、リーダー道重さゆみをもっと見ていたいとは思うけど。

卒業を迎えるその日に「おめでとう」ってちゃんと心から言えるように。
さゆが最後まで全力で娘。でいてくれるのだから、私もしっかりと向き合っていきたい。

fc2blog_20140601010531cd8.jpg

category: モーニング娘。

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

2013年 振り返り

あけましておめでとうございます。
…はい。
もう年が明けて随分経ってしまいましたが、一応記録として残しておくためにも2013年を振り返っておきたいと思います。


前々回の記事でも書きましたが、2013年は個人的にはモーニング娘。の年でした。
3月末に「ブレインストーミング」のMVを見て鞘師里保ちゃんに一目惚れし、最初は鞘師ちゃん一筋だったんだけど、動画を漁ったりメンバーのブログを読んだりしているうちに他のメンバーの魅力にも気付き、娘。に対する想いがどんどん募っていきましたね。
Yahoo!ニュースのトップにも載った道重さゆみ伝説を読んでからはさゆのことが大好きになり。
今ではすっかり鞘師ちゃんとさゆが私の中でツートップになってしまってます(笑)


5月に初現場。
ちょうど春ツアーがやっていて、しかも田中れいなの卒業コンサートツアーということで、
「れいなが卒業する前に1回はライブを観ておかなきゃいけない!」
と思い、大阪公演に足を運んでみたのです。
その初ライブというのがもうめちゃくちゃ楽しくて!
流石歴史の長いグループは違うなって。
メンバーは変われど、伝統はちゃんと後輩に引き継がれていってるんですね。
さゆ、れいな、9期、10期、11期の11人で構成されていたモーニング娘。を見て好きになったので、れいながいるうちに生で観れて本当によかったです。


そんな初現場ですっかり娘。に骨抜きにされた私ですが、春ツアーも終わってしまい、娘。関連のイベント等もなかったので(娘。メンバー主演の舞台「ごがくゆう」は観に行きました。)、6・7月はPerfumeに集中してました。
6月は対バンツアー(大阪2DAYS)、7月にはロンドン公演。

以前限定記事には書いたことですが、ロンドン公演では今年…いや、人生で一番幸せ!と思える出来事が起こりました。
けどなんというか…そこで気持ちが報われたというか、この出来事がきっかけでのっちに対して長年募らせていた重苦しい想いが昇華されたような気がします。
のっちが一番好きなのは変わらないし、あれほど愛おしいと思える存在はこの先も現れないということは断言出来ます。
でものっちの存在に依存してしまっているこれまでの状況が良くないのは自分が一番わかっていたし、他に目を向けて楽になりたい気持ちもありました。
のっちのことが好きすぎて苦しかったんです。(だいぶ拗らせてますよね…2008年からずっとですからね。笑)

ロンドンから帰ってきてからはPerfumeの情報をほとんど追わなくなりました。
嫌いになったとか興味がなくなったとかではなく…なんでだろうな。
まあやっぱり娘。に出会ってしまったのは大きいですよね。


話は変わりますが、アイドルDDってすごいと思うんですよね。
私は不器用だし、二兎も三兎も同時に追えない性格してるので…。
娘。を取り巻く状況がすっごい面白くて、なので今はそんな娘。を追いかけたいと思ったんですね。
私生活で嫌なことが重なっていたのもあり、鞘師ちゃんとさゆに癒しを求めてたんだと思います。


8月。
娘。の新曲「わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団」がリリースされ、その関連でリリイベが毎日のようにありました。
メンバーは休みもなくずっと全国各地プロモーション活動の毎日だったので相当キツかったでしょうね…。
私も大阪に来てくれる分で行けるのは全部行こう!と思って、8月末〜9月中旬くらいまでは毎週のようにリリイベに参加してました。
千里セルシーやATC海辺のステージで鞘師ちゃんとさゆを間近で見た時の感動は今でも忘れられないですね。

“のっちが人類で一番愛おしいけど、さゆが人類で一番かわいい”
さゆを初めて至近距離で見た時に頭に浮かんだことです\(^o^)/←



初めての握手会、鞘師ちゃんには「大好きです!」、さゆには「あの!可愛すぎてビックリしました!」しか言えなくて、他にも言いたいことがたくさんあったのにな…そう思ったら次は個別握手会というものに興味を持ち出して。
個別握手ならもう少し長くメンバーと話せるのかなって。
…はい、手を出しちゃいましたよね←

こんなこというと言い訳にしか聞こえないと思いますが、握手自体にはまったく興味ないんですよ。
今までも他のアイドルさんの握手会とかなんとなく流れで参加したことは何度かありましたが、特になにも感じなかったし、話題も思い付かないし。
握手したからといって、その子のこと興味持ったり好きになったりするかって言われると、そんなこともないし。
というか本当にまったくなにも感じてなかったんですよね。

でも自分が推してる子との握手はやっぱり全然違いました。
いや、握手自体は今でもどうだっていいんです。
ただ好きな子と話したい、あれ聞きたい、これ聞きたいっていう欲が芽生えてきてしまったんですね。

鞘師ちゃんがね、ほんと可愛いんですよ。
笑顔でヲタの話を聞いてくれて、しっかりそれに答えてくれて。
剥がしが入っても、会話が終わるまで手を握ってくれていて。
最後にはいつも飛びっきりの笑顔で手を振ってバイバイしてくれるんです。

アイドルってみんなそういうもんでしょって思われるかもしれないし、まあ実際そうなのかもしれませんが。
やっぱりね、推しメンにそんな良対応されちゃうと嬉しくてたまらないですよね。

さゆは1人オーラが違うし(流石10年選手!)神々しすぎて目を見て話すことなんて照れて出来ないですが、現メンバーの中では唯一の大人だし歳も近いので一番話しやすいですね。

って握手会の話ばかりになってしまってますが(爆)
Perfumeと比べると距離は近いけれど、地下アイドルほどは近くもなくて。
その絶妙な距離感が心地よくて中毒になってしまったんだと思います。


10・11月にはライブもたくさん行きました。
娘。は毎年春・秋に単独ツアー、夏・冬はハロプロ全体のツアーをやってるので、年中ライブを観る機会があるんですよ。
この秋ツアーはれいなが卒業してから初めてのツアーで。
6期メンバーとしてさゆと一緒に加入し、娘。のエースとして長年グループを引っ張り続けたれいなが抜けて正直どうなるのかなって不安な部分はあったんですけど、そんな心配は無用でした。
公演を重ねるごとにメンバーの成長が見て取れるんですよ!
れいながいなくなったことによって9期〜11期の意識に変化が見れて。
今までは「田中さんも道重さんもいるし、自分達はそれについていけばいい」って思ってた部分があったと思うんです。
それが「道重リーダーを支えなきゃ!自分達がモーニング娘。の歴史を途絶えさせちゃダメだ!」という風に変わっていって。
顔付きもパフォーマンスの質だってどんどん良い方向に変わってきてる。

世間一般の人に
「今のモーニング娘。を知ってる?」
と聞いたら、大体返ってくる答えが
「道重しか知らない」
「モー娘。ってまだ活動してたんだ」

だと思うんですね。

モーニング娘。という大きな看板を背負っているけれど、ファン以外の人には自分達のことは顔も名前も認知されていない。
9期〜11期のメンバーはそんな現状がすごく悔しいし苦しいと思う。
メンバー自身がモーニング娘。の一員であることを認められていないというか。

モーニング娘。 『The Best!~Updated モーニング娘。~』インタビュー
これは9期メンバーの鞘師里保ちゃん、鈴木香音ちゃんの2人のインタビューなのですが、このインタビューの中で鞘師ちゃんが上記に述べたような葛藤を語ってます。


*****

--道重さんが卒業したら、9期が一番先輩になる訳ですからね。

鞘師里保:そうなんですよ……。こうやってモーニング娘。が今活動できているのは、道重さんがいるおかげですし、道重さんってどこにいたって“道重さゆみ”じゃないですか。どこにいたって目立ってる。私たちは「できるだけ前に出て行かなきゃ!」って必死になって、それでやっと顔を覚えてもらえるかどうかなので、やっぱり道重さんはひとり抜きん出た存在なんですよね。

--その面でのプレッシャーも大きいと思うんですが、加入からの2年9か月。正直言って「もう無理だ」とか「続けられないかな……」みたいな気持ちになったことはないんですか?

鞘師里保:正直、何度もそう思いました。やっぱりモーニング娘。って先輩方のおかげで存在しているグループだと思うんですよ。なので、「こんな私がモーニング娘。をやっていけるのか?」とか「もしかしたら自分はモーニング娘。に必要じゃないのかも」って思ったこともありますし……。だからこそ、自分の欠点とか頑張らなきゃいけない部分を徹底的に探して、何とかしようと思うんですけど。

--どういう局面で「自分はモーニング娘。に必要じゃない」って思っちゃうんですか?

鞘師里保:ふと思うんですよ。「このまま私はいてもいいのかな?」って。今はもうそんな風に考えなくなったんですけど、最初の2年ぐらいは。自分はこの期間でもっと成長できると思ったのに、さほど成長できてないんじゃないかと思ったりして。9期が入って、9期がどういう風に成長していくかって期待されてる分、その期待値まで届いてないんじゃないかって不安になったりとか。


*****


このインタビューを読んだ時、切なくなって。
鞘師ちゃんはまだ中学3年生の15歳なんですけど、モーニング娘。というグループのために15歳の女の子がここまで葛藤している、その姿に胸を打たれましたね。。
鞘師ちゃんは現モーニング娘。のエースなんです。
なのでエース特有の重圧というのもある。
こんな葛藤を抱えながらも日々懸命に娘。としての活動をしている彼女達ですが。

先日…11月の末にモーニング娘。秋ツアーの千秋楽が武道館で行われました。
近年はホールツアーばかりで、武道館でライブが出来るなんて誰かの卒業公演の時くらい、そんな状況が続いてたんですが。
今回は久しぶりに誰の卒業もなく武道館公演が出来るということで。

武道館公演が発表されたのが9月に行われたモーニング娘。16周年記念イベントの時で、つんく♂さんからメンバーにサプライズで発表されたんですよ。
私もその場にいたので、発表の瞬間に立ち会えました。
発表を聞かされた時、メンバーみんなすっごく嬉しそうにしていて。
中には嬉しさのあまり泣き出す子もいたり。


その武道館公演、私は行けなかったんですが、秋ツアーの集大成としてふさわしいライブになったようで。
Billbord JAPANの武道館レポが素晴らしかったです。

このレポや動画を見てもらうのが一番わかりやすいかと思いますが、さゆがライブの終盤で語った言葉。

(07:21〜)


「これは私、個人的なお話なんですけど、今回のツアーが私にとって先輩も同期もいないっていうツアーが初めてでした。正直、大丈夫かなぁ~って思いました。……でも、大丈夫でした!」
「それは、なんでだと思いますか?」
「それは……、後輩たちが頼もしくなっていたからです!」


このツアー中にモーニング娘。在籍最長記録を更新した道重さゆみ。
そんなモーニング娘。を一番長い時間見てきた道重リーダーにメンバーとして認めてもらえたことは後輩達にとって大きな自信になったと思います。

若手メンバーだけでなく、さゆ含め新生モーニング娘。にとってすごく意味のあったツアー、私も数公演ですが立ち会えてよかったです。
ツアーに参加してみて、モーニング娘。のことがもっともっと大好きになりました。


去年は紅白出れなかったけど、今年こそは!
モーニング娘。'14として、紅白出場出来るといいなあ。




+++++

2013年の振り返り…というか、モーニング娘。の2013年の活動を振り返ったみたいになっちゃいましたが(笑)
それだけ娘。に入れ込んだ年だったということで(`・ω・´)

『2013年 現場活動記録』にも書きましたが、2013年は今まで以上にヲタ活に精を出した一年になりました。
2014年も去年に負けないくらいヲタ活楽しみたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

category: モーニング娘。

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。